BMW E46 M3クラッチ廻りリフレッシュ

入庫時の状況

発進時などミッションのつながりもスムーズでなく下廻りより段差でゴトゴト音するとのことで各部点検で入庫しました。

作業内容

走行8万kmで一度もミッション脱着が見受けられません。クラッチ廻り一式交換とエンジン、ミッションマウントも切れて危ない状況でした。プロペラシャフトのジョイントディスク等も割れていましたのでセンターベアリングも同時交換しました。異音の原因はマウント切れによるセンターパイプのボディー干渉でした。人気のE46M3ですが走行距離に関係なく経年劣化は想像以上で使用状況にも違いがありますが走行不能になる前に点検をお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です